お金を借りる

MENU

無職でもお金を借りることはできる?

無職でもお金を借りることができるのか、気になりますよね。
仕事をしていない状態の時にローンは組めるのでしょうか。

 

ローンの申し込み条件として、収入が継続していて、安定していることというものがあります。つまり、一時的ではなく仕事を続けていて、そこから一定額以上お金が入ってきていないと申し込みできません。

 

つまり、無職のままではローンに申し込むことさえできないということになります。

 

配偶者の方に安定した収入があれば申し込めるローンもあります。
これは世帯収入で審査を受けるものです。
この場合、限度額に制限があるものも多いのが特徴です。

 

最高限度額100万円のカードローンでも、本人収入がない方なら10万円から30万円までの限度額しか設定できないことがあります。

 

無職から仕事を始めた状態でも、一定期間以上経たないと、ローン申し込みはできません
大きな金額を利用するローンなら、勤続年数3年以上という条件が決まっていることもあります。カードローンなどでは、勤続年数は条件として書かれていないものがほとんどでしょう。しかし通常は収入の安定度が確認できる半年程度経ってからでないと、申し込みをしても審査に通らないといわれています。

 

また、勤続年数などを長めに書いて申し込む方もいます。
しかし申し込みでの申告は、絶対に嘘をついてはいけません
そこで信用度が下がってしまうと、借りられないことになってしまうでしょう。

 

無職でもお金を借りたい、借りる必要がある場合も、いきなりローンに申し込みをしても利用できないということになります。